マリス、モワを経たOLが書く日記。相当お休みしてました。


by fatidique
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

えーん。。。ぐすぐす

昨日の夜にクリパのチケットデザインや、web作成、
カリキュラムの広告など、出来るものはサササと作っておいたので、
今日はバイトのあと、いとこと旅行の相談をして、
夜の11時から延々ゼミのレジュメ作成に取り掛かっていました。

完成したらもう朝の6時を回っていた・・・。
ゼミが5限でほんと良かった・・・パタ。

眠眠打破にお世話になり、なんとか眠気に買って
完成という感じです。

ちなみに、おいらの卒業研究はジェンダーとセクシュアルマイノリティーを
絡めて、Drag Queenについてなのだ★
明日の発表ではジェンダーフリーバッシングや
Drag Queenがジェンダーを破る提起となるかについて
話そうと思います。
論文の1章で使う部分なんだけどね。
2章、3章はネタが揃っているのでもういいのだけど、
あとは4章に載せるインタビューと5章のまとめだな。
あ~文章化するのが面倒だ~~~。
でもこれしないと大学卒業できないし・・・。くすん。




で、ジェンダーフリーバッシングについて色々調べていたけど、
私が3年前にジェンダーフリーについて調べてた時に比べて
明らかにバッシングが増えていまして、少々驚きです。
バッシングしている人の意見は見当はずれなものも多いし、
ジェンダーフリーの本質を見ていないのばっかり。
バッシングの槍玉に挙げるのは「過激な性教育」だとか、
「男女の違いをなくして中性的にしようとしている」だとか、
「伝統を壊そうとしている」とかそんなのばっか。
仮に、ジェンダーフリー推進派がそれをしていたら、
その人はジェンダーフリーを理解していない極端な推進派ですね。
バッシングするほうは極端な事例を取り上げて
さもそれがジェンダーフリー推進派のみんなの意見だという風に
攻撃しているのです。
なんとも虚しい攻撃の仕方・・・。
まぁ改めてジェンダーフリーを説明すると、
「文化的に作られた男女の性差を取り払って、もっとお互い自由に
生きていきましょう~~」といった感じでしょうか。
決して男女の違いをなくそうなんて言ってないです。
自由になろうといってるのです。
だからある男性が「俺は強くてたくましくてぐずぐず文句の言わない
男らしい男になるんだ!」って言ってもぜんぜんオッケー。
ただ、その意見を、世の男性皆そうなれって言う風に
押し付けるのは良くないよ!ってこと。
お互いを認め合っていこう、色んな人が居ていいんだ、
そんな感覚に近いと思うのね。
クヨクヨした男性、腕っ節の強い女性、
この人たちに、「男なんだからクヨクヨするな」「女なんだからおとなしくしろ」
って言うのはよろしくないよ!別にそういう生き方でいいじゃないかと。
そーゆことさ。

あと変な意見もたくさんあってね。
ジェンダーフリーは反対だけど、同性愛は認める。みたいな。
お。反対している時点で君らは同性愛者の事を否定しているのだか・・・
とつっこみたくなる。
ジェンダーには「異性愛が当然」という皆が「当たり前」と思っていること
も含まれているので、ジェンダーフリーを唱えると、
その人の性的志向が同性に向いていても、それがその人の個性なんだから
いいじゃないの~~ってなると思う。
でもそのジェンダーフリーに反対すると、異性愛が当然、
男は女を好きになり、女は男を好きになる・・・っていう意見になるはずなのね。
だからはっきり矛盾してると。
そういう人はジェンダーフリーの本当の部分を知らない人が多いと思う。
ジェンダーフリーを反対している専門家じゃない人は、
わりとバッシングに流されている人が多くて、
「男女同じ更衣室で着替えるなんてありえない!ジェンダーフリー反対!」
って感じなんだよね。
そういう極端な事例をバッシング側が挙げるものだから
ジェンダーフリーの本来の意味を見失って居るケースが多い。

もちろんジェンダーフリーの本質を見極めたうえで、
やっぱり男はこうでなきゃイカン!とか思うのだったら
それはその人の勝手。
でもだからといってマイノリティーをバッシングしないでねって思う。
まぁ難しい話なので書いてる本人も勉強中だし、
これぐらいで辞めておこうw
[PR]
by fatidique | 2005-11-14 11:49 | その他